2010年05月11日

ニセ死亡診断書で保険金詐取、元新聞店員ら逮捕(読売新聞)

 ウソの死亡診断書を使って保険金をだまし取ったとして、警視庁は10日、川崎市多摩区西生田4、元新聞販売店員西村豊被告(55)(有印私文書偽造罪などで起訴)と、西村被告の元妻のさいたま市大宮区天沼町1、派遣社員蒲池優美子(58)、埼玉県川越市岸町1、会社員前島裕之(44)の両容疑者を詐欺容疑で逮捕した。

 発表によると、3人は2003年12月上旬頃、西村被告が死亡したとする偽の死亡診断書や戸籍謄本などを生命保険会社に提出し、死亡保険金約5400万円をだまし取った疑い。

 西村被告は、死亡診断書などを提出した後は知人男性になりすまし、偽の住民票や運転免許証を得るなどして生活していた。西村被告と前島容疑者は容疑を認め、蒲池容疑者は否認しているという。

 前島容疑者は、西村被告が以前に経営していた会社の元社員で、保険金の受取人になっていた。この事件で3人は、別の生命保険会社からも約3600万円の保険金を受け取っており、警視庁で追及している。

舛添氏、谷氏にチクリ「両立難しい」…新党改革初の街頭演説(スポーツ報知)
社民ぐらぐら 普天間で連立離脱危機 首相恨めし 与党は恋し(産経新聞)
ユズやスダチを試験栽培=気候変動、温暖化に対抗−「生産作物広げる狙い」・山形(時事通信)
格安宿泊・金利優遇…「子ども手当」商魂過熱(読売新聞)
豊川一家殺傷 父の給料管理は容疑者の自立目的(毎日新聞)
posted by オオガ サダオ at 13:56| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月20日

<自民党>大島幹事長「同日選も想定」(毎日新聞)

 自民党の大島理森幹事長は13日の党役員連絡会で、鳩山由紀夫首相が米軍普天間飛行場移設問題に5月中に結論を出せなかった場合、「国民に信を問うこともあるかもしれない」との見通しを示し、7月の衆参同日選挙も想定して準備するよう指示した。大島氏は記者会見で「鳩山内閣は追い込まれた状況を打開するために何をするか分からない」と述べた。

【関連ニュース】
自民党:大島幹事長が平沼氏と会談
大島幹事長:小林議員が辞職しないのは「民主の意図」
大島・自民幹事長:平沼氏と会談
選挙:09衆院選 開票結果と当選者一覧 比例代表・東北
選挙:09衆院選 開票結果と当選者一覧 小選挙区・東北

<学校耐震化>予備費で推進する考え示す…鳩山首相(毎日新聞)
あす赤塚植物園で緑のイベント(産経新聞)
18日に両親をしのぶ会=小沢氏「政権交代を報告」(時事通信)
中国艦隊通過、問題視せず=平野官房長官(時事通信)
<首長新党>18日旗揚げ 杉並区長が代表に(毎日新聞)
posted by オオガ サダオ at 01:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。