2010年05月29日

姫路独協大、法科大学院の募集停止…初の撤退(読売新聞)

 姫路独協大法科大学院(兵庫県姫路市)は27日、2011年度以降の学生募集の停止を決めた。

 新司法試験で合格者数が低迷、10年度の入試では合格者がいなかった。在校生17人が修了する時点で大学院を廃止する見込みで、04年度に各地で一斉に開校された法科大学院で初の撤退となる。

 同大学によると、26日に開かれた教授会で「法曹界で活躍できる学生の確保は困難」との考えで一致。運営する学校法人「独協学園」の27日の理事会で募集停止が承認された。近く文部科学省に報告する。

 新司法試験では、同法科大学院の合格者は開校以降、これまで3人と、全国74校中最少。1月に行われた10年度入試では、定員20人に対して受験者は3人で、合格者はおらず、再試験も行わなかった。

 吉崎暢洋・法務研究科長は「全国的な志願者減の傾向で、立て直せる状況ではなかった。転学を希望する学生には、経済的支援も考えたい」と話している。

大卒就職率悪化、過去2番目=下げ幅最大、91.8%に―文科省(時事通信)
不同意堕胎、容疑の医師「申し訳なかった」(読売新聞)
雑記帳 ツキノワグマ、今年も得意の棒回し 広島の動物園(毎日新聞)
<安土城跡>観光客の憩いの場に ガイダンス施設完成(毎日新聞)
<新型インフル>国と自治体の連携不足指摘 研究班が報告書(毎日新聞)
posted by オオガ サダオ at 10:14| Comment(14) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。